村上春樹の新作バカ売れ 「あらすじ不明」なのに何故?

印刷

   <テレビウォッチ>村上春樹の5年ぶりの新作『1Q84』が、発売4日にして品切れ状態という。

読んだ人いる?

   キャスターの小倉が「この本を見たとき、『IQ84』、 なんとIQの低いヤツなんだと思ったんですが、私が低かった」というほど、どういう内容の小説か、あらすじすらまったく伝わっていなかった。

   小倉が「誰か読んだ人いる?」に、皆キョロキョロ。取り上げたリポーターの大村正樹すら、村上にハマっていると言いながら「品切れで入手したのは昨日(6月2日)。ですからまだ読んでいません」と。

   それが5月29日発売され、わずか4日で77万部が売れ品切れ状態、4回目の増刷に入っているという。

   あらすじも分からないのに、なぜ品切れになるほどの勢いで売れるのか?!

   出版元の新潮社によると「読者から『村上春樹の新刊であれば、事前の予備知識なしで、まっさらな状態で読みたい』という要望に答えた」のだという。

   本の内容は一切公開せず、広告に使った「あらすじ」も「2009年、『1Q84』は逆の方向から1984年を描いた近過去小説である」とだけ。担当者もごく数人しか読むことができないほど徹底されたらしい。

   取材した大村によると、この「逆宣伝」効果とノーベル文学賞候補といわれる村上の世界的な知名度、5年ぶりの新作という村上作品に対する読者の渇望感が相まって、爆発的に売れているようだと分析している。

   低迷が続く出版界。これを契機に活気を取り戻せればいいのだが……

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中