IMALUが父・さんまから受け継いだもの

印刷

   <テレビウォッチ>「エンタメ・ガラポン新聞」コーナーにIMALU(19)を登場させた。明石家さんま、大竹しのぶの娘である。

19才くらいだと

   番組は「芸能界究極のDNAを受け継ぐ」と紹介する。やや歯が出かげんなのは父親に、全体的な風貌は母親に似ている印象だ。上宮菜々子アナが、両親から受け継いだDNAについて尋ねると、「母親は焦ることが好きでなく、その『なんとかなるさ』精神を、父親からは、悩む時間も笑っておけ、みたいな笑うことを大切にするところ」と答えた。

   鳥越俊太郎は「19才くらいだと両親のことをあまり話したがらないけど、気にしないで話している」点が好感を持てると言う。

   上宮は「礼儀ただしい」と褒め、上宮とともにコーナーを担当する山崎寛代リポーターも「芸能界に自然体の女の子がいなくて、自然体のIMALUちゃんのファッションを真似したいという同世代の女の子がたくさんいる」と語る。スタジオでの評価はすこぶる高い。

   「いまる」という本名は、さんまの座右の銘「生きてるだけで丸儲け」からとったそうだ。番組のコメンテーター、やくみつるは「『いまる』というより『うまる』。生まれた段階で丸儲け」とシャレた。

   確かに生まれながらの有名人で得している面はあるだろうが、『有名税』もつきまとう。タレントとしてどんな道を歩むのだろうか。

文   アレマ | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中