2020年 12月 1日 (火)

対「ウズベク」苦戦 審判のせいか日本の実力か

保険は定期的に見直さないと損をする!?無料相談で今すぐチェック!

   <テレビウォッチ>相も変わらぬ『中東の笛』に苦しんだようだが、岡田ジャパンはウズベキスタンを破って4回連続のW杯出場を決めた。

   テレ朝が6月6日の試合をライブで放映したこともあってか、番組は冒頭から戦いの跡を振り返る。サッカー好きらしい小木逸平が、赤江珠緒に代わって座談をリードする。

   小木が「生きた心地しないくらい、守って守って守って……」と口火を切ると、鳥越俊太郎は「あと2、3点入るのではと思いながら見ていても入らない。後半は攻められっぱなし。ドキドキしていた」と応じる。

   吉永みち子が「ハラハラするわ、ハラが立つわ。あの審判は……」と、不公平な判定に不満をこぼすと、「吹けば必ず日本のファール」と小木。『中東の笛』にイラついた様がよくわかる。

   もっとも、サッカー解説のセルジオ越後は、それだけが日本苦戦の理由ではないと見ていて、VTRで「厳しい試合だったけど、ウズベキスタン・レベルでこんな試合やってたら、世界に通用しない」と辛口コメント。岡田武史監督が掲げるベスト4の目標は、今の力では、相当きつそうだ。ウズベキスタン戦を解説したスタジオゲストの松木安太郎も「なかなか」と、むずかしそうな口ぶり。

   岡田監督が「ようやくスタートラインに立てた。これから我々のチャレンジが始まる」と言う通りであろう。

文   アレマ
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  3. 「R-1グランプリ」芸歴10年縛りに賛否激論「売れない中堅芸人が必死にあがく姿を見たい」「コンビの片割れはやめ、ピン芸人限定に」「飛び道具持って来た奴の勝ちはおかしい」
  4. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
  5. 「沢尻エリカ」復帰シナリオ!?芸能・テレビ界の裏で囁かれる「彼女は引退と言っていないから・・・」
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中