厚労省局長「犯行」の動機 「金の話出てこない」

印刷

   <テレビウォッチ>「自ら進んでやるわけないし、何らかの圧力とか、依頼とかが彼女の身に及んだ可能性はあるのでは」とキャスターの小倉が疑問を呈した。

大きな可能性を

   障害者団体の割引制度を悪用した郵便不正事件で、厚労省の現職の女性エリート局長が逮捕されたことについてである。番組は、ナゾの多いこの事件の「新たな疑惑」に焦点を当てた。

   大阪地検に虚偽有印公文書作成・同行使の疑いで逮捕されたのは、雇用均等・児童家庭局長の村木厚子容疑者ら4人。

   村木容疑者は、旧労働省に入省、障害福祉行政のスペシャリストで、女性官僚のエースといわれた。

   その村木容疑者が、障害保健福祉部の企画課長だった事件当時(2004年)、実態のない障害者団体に郵便の割引制度を受けられるよう証明書を作成した疑いが持たれた。

   事実とすれば、何故不正に手を貸したのか? リポートした笠井アナは「弱者の味方である障害者福祉のスペシャリストがなぜ金儲けしようという人達に手を貸したのか全く信じられないという声が強い。贈収賄事件なら分かりやすいんですが、おカネが流れたという話が出てきていない。いったい何の得があってやったのか、全く分かりません」。

   タレントのピーコも「政治家絡みがチラホラ出ているけど、上のほうから圧力があったとしか思えない」と。

   最後に小倉が興奮気味に「今この時期にキャリアの現職局長が逮捕されるというのは、いろんな意味で影響が出てきますよ」に、笠井アナが「さらに波紋が、大きな可能性をはらんでますよ」と。

   その疑惑を解明できるのは大阪地検特捜部以外にないかも。もし東京地検特捜部だったら「国策上」……。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中