「宮崎県民を踏み台に自分優先」 東国原知事の「品性」に大批判

印刷

   <テレビウォッチ>『東国原問題』はオープニングだけでなく、芸能情報を挟んで、さらに扱われた。ここでのゲストは山本一太参院議員(自民党)と原口一博衆院議員(民主党)。

残念な気がする

   原口は「自民党さんが判断されることですからコメントは一切ありません。関心があるのは霞が関を解体して分権改革を進めること」と、『高みの見物』的態度。一方、山本は『身内の問題』なので熱が入る――総裁選を盛り上げるために、党規約を変えてまで、人気がある東国原知事を総裁候補にかつぎ出して、総選挙を自民党有利に導こうという考え方には反対だ。そういう奇策は自民党にとってむしろマイナスだと思う。確かに厳しい戦いになるが、ここまで来たら、麻生首相のもとで正攻法で戦うべきだ――山本はそう主張する。

   赤江珠緒から見解を求められた大澤孝征(弁護士)は「貧すれば鈍するという言葉があるけど、ここまで自民党は判断を狂わされているのかという感じがする。今まで政権を担ってきた政党らしく、正々堂々と戦うべきで、奇策を弄するべきではない」

   「東国原さんは、国政への色気がものすごく見えて、ちょっといかがなものかと思う。宮崎県民を踏み台にして自分を優先しているように見えてならない。地どりじゃなくて、マンゴーじゃなくて、自分を一番、高く売ったのではないか」「そういう意味での品性のことを考えると、総裁候補に戴くという発想があっていいのか、自民党に対して残念な気がする」と、たまっていた憤懣を吐き出すように述べた。

   そこまで手厳しく批判しなくても、と思えた。

文   アレマ | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中