ルー大柴 「アイ・キャンノット・ビリーブ!!」

印刷

   <テレビウォッチ>タレントのルー大柴が2009年6月30日のブログで、マイケル・ジャクソンの訃報を残念がっている。

   スーパースターの訃報を知ったときには思わず、テレビ画面に向かって、こう叫んだ。「ライライ、アイ・キャンノット・ビリーブ(信じられない)!!」。というのも、ルーは1か月前から、マイケルが歌う「スリラー」が聴きたくなって、愛車で移動するときにはBGMにしていたのだ。

   27年前に発売された「スリラー」は、全世界で1億枚を売り上げた大ヒット曲。プロモーションビデオでは激しい歌とダンスパフォーマンスを見せつけ、これを見たルーも「チキン・スキン(鳥肌)がスタンドアップ(立つ)しました」。

   とはいえ、後年にはスキャンダルで新聞を賑わせていたマイケルに、ルーは、再び歌とパフォーマンスでブレイクしてくれると信じていたし、7月のロンドン公演も楽しみにしていたからと、突然の死を残念に感じている。

   ルーいわく、マイケルはエルビス・プレスリー、ジョン・レノンにつぐ、死しても人々の心に刻まれる――そんな偉大なミュージシャンだった。「私達にすばらしいパフォーマンスを見せてくれた事に感謝します」。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中