2018年 7月 21日 (土)

ルー大柴 「アイ・キャンノット・ビリーブ!!」

印刷

   <テレビウォッチ>タレントのルー大柴が2009年6月30日のブログで、マイケル・ジャクソンの訃報を残念がっている。

   スーパースターの訃報を知ったときには思わず、テレビ画面に向かって、こう叫んだ。「ライライ、アイ・キャンノット・ビリーブ(信じられない)!!」。というのも、ルーは1か月前から、マイケルが歌う「スリラー」が聴きたくなって、愛車で移動するときにはBGMにしていたのだ。

   27年前に発売された「スリラー」は、全世界で1億枚を売り上げた大ヒット曲。プロモーションビデオでは激しい歌とダンスパフォーマンスを見せつけ、これを見たルーも「チキン・スキン(鳥肌)がスタンドアップ(立つ)しました」。

   とはいえ、後年にはスキャンダルで新聞を賑わせていたマイケルに、ルーは、再び歌とパフォーマンスでブレイクしてくれると信じていたし、7月のロンドン公演も楽しみにしていたからと、突然の死を残念に感じている。

   ルーいわく、マイケルはエルビス・プレスリー、ジョン・レノンにつぐ、死しても人々の心に刻まれる――そんな偉大なミュージシャンだった。「私達にすばらしいパフォーマンスを見せてくれた事に感謝します」。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中