薄毛茶化すコメントに反撃 某教授「しつこい」

印刷

   <テレビウォッチ>国内では46年ぶりとなる7月22日の皆既日食に、「血が騒ぎますね」とコメンテイターで東京大学大学院教授のロバート・キャンベルがコメントしていた。

ヒカリにうるさい?

   「やっぱりヒカリにはうるさいですか」とニタつきながら、司会の加藤浩次。これはキャンベルのさかやき状態のおでこを茶化すための質問である。スッキリ!!は、某局のウラ番組などとは違って、薄毛をタブー視しない、非常にオープンな番組となっている。

   「あははは」とコメンテイターで内科医のおおたわ史絵は手を叩いて大喜び。キャンベルも加藤の言わんとすることはわかっているのだが、無視して話を続ける。一段落したところで、「キャンベルさんはやっぱり……」とまた加藤が口を挟む。

   「しつこいよ、コージしつこい」。温厚なキョウジュは穏やかな笑顔を残したままにたしなめたが、その口調はいつもより尖り気味であった。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中