知事の限界と東国原の限界 ここまで来たら後にひけない?

印刷

   <テレビウォッチ>毎日のように続く『東国原劇場』をどう扱うか、各局ニュースワイドは頭を痛めているのではないか。今朝(7月8日)の「スパモニ」は、「東国原知事の政策の師ともいわれる」(赤江珠緒の紹介)北川正恭・元三重県知事をスタジオゲストに招く。

出来るのか

   『東国原劇場』をどう見るか、と尋ねる赤江に対し北川は「ここまで来れば、東国原さんも自民党も戻れなくなっているのではないか」と受け、「客観的に見れば、責任ある立場のそれぞれの皆さんが話を進められたわけだから、これで何もなかったとしたら、一体、どうなの、ということを問われ始めたのだと思う」と述べる。

   東国原知事が、全国知事会の提言を自民党のマニフェストに盛り込ませる役割を果たしたことは「いいセンスだ」と評価する。が、『総裁候補』を条件にしたことについては、「われわれのラチ外の話」と切り捨てた。

   鳥越俊太郎が「東国原さんは、地方分権を実現するためにも知事だと限界がある。国から地方を変える、と主張している。実際に出来るのか」と問うと北川は「難しい」と答える。さらに「国会議員もいろんな立場でいっぱい発言している。選挙が終わった後、激動期を迎えると計算して、そのときにどういうポジションを確保するかと動いている。そういう騒動の1つだと思う」「東国原さんにしてみれば、政局がどうなるか分からないという読みもあるから、自分のプレゼンテーションをして行く必要もあるのだろう」と語る。

   北川は、衆院議員と三重県知事と政治家を経験し、その後、大学院教授に転じた。政界から距離を置くことによって国の政治を変えようと考えたのかもしれない。その思いを感じさせるようなクールな分析だった。

文   アレマ | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中