矢口真里、初体験 「几帳面だね」と見抜かれた

印刷

   <テレビウォッチ>タレントの矢口真里がブログで、ある初体験について紹介している。

   2009年7月12日の記事によると、それは生まれて初めての車の運転のことだ。教習所での実技練習には「緊張しました」と矢口。「得意なマリオカートとはわけが違います」とおどけながらも、指導教官は優しく、安心して運転が出来たみたいだ。

   もっとも、1時間の練習の間には「矢口さんは結構、几帳面だね」と見抜かれてしまったとか。「ゆっくりな滑り出しですが、頑張りまーす」

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中