小泉チルドレン一掃セール 今度は「政権交代チルドレン」?

印刷

   <テレビウォッチ>7月12日の東京都議会選挙は民主党が圧勝したものの、少なからぬ『政権交代チルドレン』を誕生させた気配があり、行く末が少々、案じられる。

学者の道を

   そういえば、2005年の郵政選挙でも多くの『小泉チルドレン』が生まれた。解散総選挙を前に、2期目を目指す彼らは現在どうしているか、を番組は伝える。

   ひとことで言えば、もがいている。ことに比例単独組の人は厳しい現実にさらされているようだ。名簿の上位に列せられるとは思えない上に、自民党には強い逆風が吹いている。

   「いまのところ小選挙区はないままでございます」(猪口邦子議員)

   「私の身分はまだ決まっておりません」(長島忠美議員)

   「(比例区下位の処遇で)評価が低ければ(選挙には)出ません」(安井潤一郎議員)

   口をついて出るのは不安、不満である。大下英治(作家)が指摘するように「(小泉チルドレンによって)いちばん恩恵をこうむったのは、安倍、福田、麻生政権。3分の2の議席で法案を通してきた。小泉チルドレンに足を向けて寝られない。感謝しなきゃいけない」にも拘わらず、使い捨てにされる可能性がかなり高い。コメント陣の見方はこうだ。

   鳥越俊太郎「人生が狂ってきちゃったんじゃないかと思う。猪口邦子さんは学者の道を歩めばよかった。政治家としてあまり合わない」。

   吉永みち子「小泉郵政解散のツケが、国民だけじゃなく、この方たちにも回ってきている。これから先の人生を、淘汰のかかる中でどう設定し直そうとするのか」。

   やくみつる「議員に見切りをつける方もいれば、返り咲こうとする意図をお持ちの方もいる。地元に密着した行動なりをとって、議席を失ってもそういうことを考えるしかない。多くの議員がそういうことを経てやってきたわけだから」。

   彼らにとって『長く熱い夏』はまだ始まったばかりだ。

文   アレマ | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中