吉川晃司「意外なデビュー秘話」 ロッカー魂か「それはちょっと…」か

印刷

   <テレビウォッチ>歌手デビュー25周年の吉川晃司が、意外なデビュー秘話を語った。高校生当時、地元の広島で音楽活動していた吉川は、デビューのきっかけをつかむために、東京の芸能事務所のスカウトにライブを見に来させようと考えた。

さすがロッカー!

   ただ来てくれと頼んでも、足を運んでくれるとは限らない。そこで吉川は一計を案じ、自分のファンのふりをして、強烈な手紙を送ったのだという。「無いこと、無いこと書いた。広島に天才がいて、これを知らずしてどうする、みたいな」「ギターを弾かせればCharより上手いとか」

   すると、作戦は見事成功。「とにかくチャンスがつかめれば、それでいいんじゃないかと思っていた」と少々照れくさそうに述懐すると、コメンテイターのテリー伊藤は「偉い。さすがロッカー!」と褒めそやすのであった。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中