「安倍元総理の訪朝でガツーンと」 元大統領に負けるなと提言

印刷

   <テレビウォッチ>ビル・クリントン元米大統領が北朝鮮で拘束された米国人記者2人の解放をお願いしに訪朝。金正日総書記と会談し、ツーショット写真におさまるなどした。こうした儀式を経て、「偉大にして寛容な総書記のご英断」により、記者は恩赦の見通し(放送時点)である。

たとえば

   番組司会のみのもんたには、クリントン訪朝が弱腰な態度に見えたのか、「大国アメリカのやりかたですか、これが?」と嘆息調で疑問を投げかける。「北朝鮮のほうが上手のような感じはしちゃいますね」と与良正男・毎日新聞論説委員。

   しばらく与良記者の思い出話がつづいた後、「我々、日本は拉致問題が気になる」とみのは話題をシフト。「政府の戦略が見えない」との川戸恵子コメンテイターの意見を受け、「アメリカが元大統領なら、こちらも元総理。たとえば、安倍元総理が行ったらどうですか。ガツーンと」と提言した。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中