さんま、離婚後もお見合い 「履歴書持っていって…」

印刷

   <テレビウォッチ> お笑い界の大御所で司会者としても活躍する明石家さんま(54)が、お見合いを3度もしていたことが分かった。女優の大竹しのぶとの結婚・離婚がいまでもネタとして語られる中、つい2~3年前にもお見合いをしていた、とこのほど告白した。

森進一夫妻に「どうしても」と迫られて

   明石家さんまが出演、告白したのは、お笑いコンビ・雨上がり決死隊の2人が司会をつとめるトーク番組「アメトーーク!」(テレビ朝日系)。雨上がり決死隊のコンビ結成20周年を記念して、さんまがサプライズで登場。ちなみに、さんまが同局の番組に出演するのは、かれこれ20年ぶりという。放送は、2009年8月6日にあった。

   さんまのこれまでを振り返る場面では、たとえば、1989年には、大竹しのぶとの間に、娘IMALUが生まれた。90年には、家族旅行ではじめて、サイパンにいった。それから2年後、2人は離婚した。

   そうして93年。さんまにとって、この年の話題が「特になかった」と司会の前田有紀アナに告げられると、さんまは思い出したかのように、「見合いした。見合いや」と告白し、会場をどよめかせた。お見合いはこれまで3回しているというが、1度は、演歌歌手の森進一夫妻(当時)にどうしてもと迫られたそうだ。

   決死隊蛍原が「3人(とお見合い)しているんですか」と話をふると、「(あとは)若いときに1回と、この間――2年~3年位前に。知り合いから見合いしてくれということで、食事に行った」と話す。つづけて、「合コン的なノリじゃないですよね?」と詰め寄られると、「いやいや。俺一人と紹介した人。娘さんとその母親(が同席した)。履歴書も持っていって」と身振り手振りを交えて、話したのだった。

「再婚して、幸せに暮らしたいよ」

   そうした話がひとしきり盛り上がったところで、前田アナが、「再婚する気はあるんですか?」と水を向けると、さんまは「結婚考えてます!」と断言し、またしても、会場からは「えーー」とどよめきが起こった。

   こうした考えに至ったのは、自身が司会をつとめるトーク番組「恋のから騒ぎ」(日本テレビ系)に出演中の20代女性が、58歳の彼氏と交際していることを知ったことがきっかけだ。さんまは、彼女の話の内容が「きつかったねー」と述懐する。

   その話では、彼女が58歳の彼氏と交際を続けた場合、これから子どもを生んだとして、子どもが20歳になったときには、彼氏は死んでいるかもしれない。また、子どものオムツがとれたときには、今度は彼氏がオムツを…、というのだ。

「(その女性に)そんな結婚、嫌やって言われて、俺もちょっとこれは考えなあかんなと思って……。もちろん再婚して、幸せに暮らしたいよ」

   ちなみにその後、さんまは、前田アナに対して「俺はどうや?」と口説きかける一幕も。「俺ね、アナウンサーの人といっぱい噂にもなったりしているんですけど、アナウンサーの人とはお付き合いしたことがないねん。1回もないねん」。

   ところが、前田アナは「とんでもないです。名前を挙げて頂いただけで、恐縮です」と切り返し、さんまのアプローチをやんわり拒否。これに対して、さんまは「こんな人生、背負うの嫌か?」と咄嗟に切り返し、おどけてみせた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中