酒井法子「1か月もすると出てくる」 テリー「想像絶する騒ぎに」

印刷

   <テレビウォッチ> 「スッキリ」がようやく、酒井法子失踪に手を貸した「社長と呼ばれる男」を突き止めた。まさに「ようやく」だ。

日本は甘い

   夫の高相祐一が職質で逮捕された現場に車で乗り付け、酒井を乗せて現場を去った男。これが8月3日の未明で、4日に騒ぎになったときには、「社長」の存在はわかっていたのだから、この間2週間。まあなんとも悠長な取材だ。

   男性は建設会社経営の71歳。酒井がデビューする前からの付き合いで、所有するハワイのコンドミニアムを自由に使わせるなど、長年面倒を見ていたという。

   「スッキリ」の取材に、「4、5年ぶりに電話あって驚いた」と、いきさつを語った。

   それによると3日未明、酒井から「渋谷で夫が職質されたので、車できてほしい」と連絡があり、現場へいった。送る途中で酒井が車を降りたので、渋谷署を訪れて説明した。覚せい剤のことは知らなかったという。

   その後酒井が潜伏していた東大和市のマンションや箱根の別荘も「社長」が手配したが、持ち主は「社長」の兄の元弁護士(75)。きのうの番組では、そちらの方を突き止めてはいたが、「社長」については「知人」といっていた。阿部祐二が、「実は弟でした」と、何ともしまらない。

   それよりも、酒井法子の毛髪鑑定できのう(8月19日)、覚せい剤反応が出た。が、専門家は、「研究ならともかく、裁判での証拠になるかどうかとなると、不十分」という。起訴になるかどうかはいぜん微妙。またたとえ起訴されても、初犯ということで、即決裁判で1日で終わり、刑は懲役1年半程度に執行猶予がつくのが普通という。

   しかしテリー伊藤は、「1か月もすると彼女は出てくる。と、想像を絶する騒ぎになる。心配なのは、不安定になって再犯する可能性。芸能界では多いですよね」「やったのは事実なんだから、ちゃんと話して、薬物を断って立ち直らないと」

   加藤浩次「毛髪鑑定は、精密にはわからないんですか?」

   弁護士の菊地幸夫は、「起訴状には、何時どこで使ったかを書かないといけない。たとえ供述していても、精度が低いもので裏付けできるかどうか、悩ましいところだ」という。

   加藤は「毛髪から出ても、不起訴の可能性があると……そんなもんなんですか。所持と使用をいっしょにはできない?」

   菊地は、「別ものです。2つ合わせてというものではないです」

   「そういうものなんだ」と嘆息する加藤。

   テリーが、「日本は甘いですよ。この事件で変わる可能性がある」

   拘置期限は28日までに延長されたが、それまでに検察が詰め切れるかどうか。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

J-CAST Blog 略して「Jブロ」
J-CASTがオススメするブログを紹介!
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中