榮倉奈々、「17」卒業 「更に前を向いて歩く為の」…

印刷

   <テレビウォッチ>女優の榮倉奈々が、自身が所属したファッション誌「セブンティーン」を卒業した現在の心境をブログに綴っている。

   「来てくれた読者の皆様のおかげで大盛り上がりでした!」と2009年8月19日の記事に書いているのは、18日に行われたセブンティーンの「夏の学園祭」。榮倉の「卒業式」も兼ねてのイベントだったという。

   その中で榮倉が「一番うれしかった」というのはファンがかけてくれる「言葉の一つ一つ」。「謙遜とか、そーゆーんじゃなくて、私って、本当に本当に、普通」なのに、「涙ぐんだり、声を震わせて喜んでくれたり、繋いだ手が震えてたり」してくれるファン。「とてもとても嬉しかったし、私に対して、そんな気持ちでいてくれる皆様に感動」したそうだ。

   そんな榮倉にとって今回の「卒業」は、「更に前を向いて歩く為のスタートライン」。イベントで改めて「見てくれる人達に『夢を提供できる仕事』だ」ということが確認できたといい、「とてもHAPPY!な気持ちです!感謝ー!!」と結んでいた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中