安田美沙子 燃えた!「ひと夏の思い出」とは

印刷

   <テレビウォッチ>タレントの安田美沙子が2009年8月30日のブログで、ワンピースにまつわる「ひと夏の思い出」を語っている。

   バーベキューをした先日、この夏、1番のハプニングがあったという。「今でこそ笑い話ですが」と安田が語りはじめたところによると、気分が高揚していたこともあってか、「熱いのに、火を付けるのに参加したくてしたくて」と火のそばに近づいていった。

   そうして、なんやかやと盛り上がっていると、お腹の辺りがどうも、あたたかいことに気付く。よくよくお腹を見るとなんと、「も、燃えてる!!」。どうやら火がワンピースに移ってしまったらしいのだ。

   「お腹が燃えたのは初めてで、目が点になりました。そして、言葉にならない言葉で、燃えてる燃えてるー!!って叫んで」

   で、火は結局、周りの人がはたいて消してくれたのだった。「いやぁーあれにはびっくりした!!」。掲載された写真によるとたしかに、ワンピースが焦げて、穴があいてしまっている様子がわかる。

   バーベキューの時にはその後、「かなり恥ずかしい格好になっていた」ため、着替えたんだとか。「下にレギンスも履いててほんとに良かった」とも書いていた。

「無事に消えて、ほんとに良かった」「ひと夏の思い出でございます」
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中