2018年 7月 22日 (日)

新聞「麻生首相の一日」もういらない? 「鳩山代表の一日」始まる

印刷

   <テレビウォッチ>「新聞を見てみると、いつもと違うことが……」と番組アシスタントの竹内香苗アナ。「なんで2つ載ってんの?」とみのもんたは手にした東京新聞に見入る。

いつもと違う

   政治面に毎日掲載される「首相の一日」。鳩山新首相の誕生が確定的になったため、今日から死に体の現首相に加えて、「鳩山代表の一日」を掲載しているのだという。政権交代の影響が新聞の首相動静欄にも及んだというエピソードだ。

   同じ「一日」ではあっても、記事の分量的には鳩山が麻生を大きく上回り、すでに先に来ている。番組コメンテイターの金井辰樹(東京新聞・中日新聞 政治部デスク)によれば、首相指名選挙までこの形で掲載するが、「おそらく鳩山さんの行数が長くなって、麻生さんが少しずつ短くなっていく」のだという。

   画面の外では、杉尾秀哉TBS解説・専門記者室長のものと思しき含み笑いが聞こえていた。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中