有野晋哉 「鳥山先生の前説通り、原作とは別物やわ」

印刷

   <テレビウォッチ>お笑いコンビよゐこの有野晋哉が2009年9月4日のブログで、実写版ドラゴンボールについて感想を書いている。

「凄いわ。鳥山先生の前説通り、原作とは別物やわ」

   有野が見たのはドラゴンボールを映画化した実写版「DRAGONBALL EVOLUTION」。DVDで改めて観たらしい。有野によると、この作品、悪役である「ピッコロ」の封印がとかれるシーンからはじまる。すでにツッコミどころがあって、「『ピッコロ』が閉じ込められてる入れ物はそんなに格好の良いモンじゃアカンやろう」。

   映画は本編を通じて、原作との違いが多々あった。そのたびに有野は、原作にはあまり詳しくなかった妻に対して、いちいち説明をしたんだとか。そうした結果、妻が「原作を読みたい」ということにもなって、全巻を購入することになったのだった。「販売促進運動としては、成功って事やわ」。

   もっとも、あらためて原作を読み返して思ったのは、「やっぱり原作面白いやん!!」。そんなことを再確認させてくれるのが、この映画の良いところらしい。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

J-CAST Blog 略して「Jブロ」
J-CASTがオススメするブログを紹介!
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中