2018年 7月 19日 (木)

有野晋哉 「鳥山先生の前説通り、原作とは別物やわ」

印刷

   <テレビウォッチ>お笑いコンビよゐこの有野晋哉が2009年9月4日のブログで、実写版ドラゴンボールについて感想を書いている。

「凄いわ。鳥山先生の前説通り、原作とは別物やわ」

   有野が見たのはドラゴンボールを映画化した実写版「DRAGONBALL EVOLUTION」。DVDで改めて観たらしい。有野によると、この作品、悪役である「ピッコロ」の封印がとかれるシーンからはじまる。すでにツッコミどころがあって、「『ピッコロ』が閉じ込められてる入れ物はそんなに格好の良いモンじゃアカンやろう」。

   映画は本編を通じて、原作との違いが多々あった。そのたびに有野は、原作にはあまり詳しくなかった妻に対して、いちいち説明をしたんだとか。そうした結果、妻が「原作を読みたい」ということにもなって、全巻を購入することになったのだった。「販売促進運動としては、成功って事やわ」。

   もっとも、あらためて原作を読み返して思ったのは、「やっぱり原作面白いやん!!」。そんなことを再確認させてくれるのが、この映画の良いところらしい。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中