オーマイゴッド! DNAご神体で「10億円隠し」

印刷

   <テレビウォッチ>金沢市の宗教法人の代表をつとめる男性が国税局から10億円の所得隠しを指摘された。なんの所得かといえば、自身のDNA情報入りICチップを貼り付けたガラスの置物を売った利益だという。

就任してれば

   この宗教法人の事務局長が取材カメラに語ったところでは、置物は「先生(男性)そのものが、この中に入ってる」という「ご神体」的なもの。DNAやICチップを導入するなど、ご神体も時代に合わせて科学的に進化しているようだ。

   その一方で、御利益のほうは昔ながらの開運グッズ的伝統を受け継いでいる。「病気の話をすると誤解を招くかもしれませんが、これで身体が良くなった人は数限りなくといっていいほどいる。持った方の気持ちが変わるようなことは常にある」(事務局長)

   さて、件の男性は昨年宗教法人を買い取って代表に就任したのだが、それまでも「ご神体」を売っていたという。その利益は個人所得のはずだが、非課税の宗教法人の所得を装っていたそうな。

   VTRが終わると、司会のみのもんたは「宗教法人の代表に就任してからやれば、非課税だったわけですね」と釈然としない感じでコメントした。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中