東国原知事、自民党に警鐘 「全治8年になるかも」

印刷

   <テレビウォッチ>東国原英夫宮崎県知事が2009年9月10日のブログで、「自民党さん、大丈夫かな?」と自民党の最近の動向について言及している。

   09年8月の衆院選に関して、09年6月に自身が自民党に「地方分権・地方税財源の確保」と「総裁選の在り方等の党内改革」を要望していたことを挙げ、それが実行されなかったために惨敗したと分析。また、自民党総裁選を巡る党内の混乱ぶりを指摘し、「心配を通り越して何だか不憫になって来る」とその心境を語っている。

「このまま迷走を続けると、全治4年どころか、全治8年になるかも知れない」

と自民党の今後に警鐘を鳴らしていた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中