酒井法子「保釈」VS鳩山新内閣 あすの一面はどっちだ

印刷

   <テレビウォッチ>連日、東京湾岸署前に陣取る200人規模の報道陣。「えらい騒ぎ」(みのもんた)で、酒井法子被告の保釈をいまかいまかと待ち構えるが、待ちぼうけが続いている。みの曰く、「ワー、誰か出てきた(と色めき立ったら)、署長だった」なんて一幕もあったらしい。

えらい騒ぎだ

   酒井は昨日(9月15日)、保釈金500万円のうち、半分の250万を納めたという。これは異例の出来事だそうで、さて彼女はいったいなにを考えているのでしょうか。

   「出ちゃマズイ理由があるとか、あとはお金を集める努力をしてるんだと世間に示す意味があるのかもしれない」とは保証金制度に詳しい落合洋司弁護士のコメント。

   「夫の保釈のタイミングをはかっているのでは」との見方もあるほか、東京中日スポーツの見解も有力視されているようだ。本日鳩山内閣が誕生する予定だが、酒井はその大きな鳩の陰に隠れて、自分を目立たなくする狙いではないか――。

   「どうですかね。スポーツ紙が今回の組閣を大々的に取り上げるか。たぶんこっち(酒井)がトップじゃないですか」と川戸恵子・日本選挙学会理事は首を傾げる。一方、もう1人のコメンテイター、与良正男・毎日新聞論説委員は「ボクはそういうことかと思いました。極力目立ちたくないんだろうなと」と勘ぐっている。

   かりに、鳩山内閣×酒井保釈の夢の対決が実現した場合、明日のスポーツ紙一面もさることながら、朝ズバッ!の取り扱いにも注目したいところだ。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

J-CAST Blog 略して「Jブロ」
J-CASTがオススメするブログを紹介!
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中