「郵政民営化」への刺客 亀井大臣の鼻息と「今さら」説

印刷

   <テレビウォッチ>「満面、笑みのこの方」と、司会のみのもんたが写真入りの新聞記事を掲げた。記事の主役は、金融・郵政問題担当相に内定した国民新党の亀井静香代表。

いまさら…

   コイズミ、ユーセイと呪文のように唸り続けて、はや数年。ほとんどジョークのような存在の政治家と見られていたが、この度見事国政の中枢に返り咲くこと。本人は「パーフェクトな人事」と自画自賛していたという。

   これで郵政民営化は「全面見直しへ」というのが毎日新聞の見出し。だが、与良正男・毎日新聞論説委員は「4分社化の見直しは連立政権の合意にも入ってるが、具体的にどうするか。民主党内でも温度差が相当ある」と判断がつかない様子。

   みのも「いまさら、って言うと怒られるかもしれないけど、どう民営化ったってねえ」と関心なさそうに言う。どうやら亀井のカムバックを「応援」するつもりはなさそうだった。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中