鳩山首相の会見時ネクタイ そのブランドとお値段

印刷

   <テレビウォッチ>珍しや、「スッキリ」に衆院議場が写った。鳩山首班指名の映像だ。しかし、カメラは傍聴席に移って、鳩山幸夫人の姿をとらえた。指名選挙に夫人が立ち会うのはたしかに異例だ。

早くやれ

   「胸がいっぱいで涙がでました。長年鳩山が考えていた友愛社会のスタート台に立てたと思ったら、感無量でございました」とご本人。

   幸夫人は、24歳で宝塚を退団して結婚・渡米。そこで、留学中の鳩山首相に出会い、再婚した。4歳年上だ。結婚34年になる。政界でも有名な「おしどり夫婦」で、2人で舞台に立ったり、いつも手をつないで歩いたり。

   ここで初めて1人息子の紀一郎(33)が登場した。東大工学部を出て、現在はモスクワ大学の客員講師兼研究員として、交通渋滞を研究中。父親の首相就任に、「光栄です。今後忙しくなっても、家族として支えていこうと。家では『お父さん』、他の人には親父といってますが」と笑う。

   で、母親の幸夫人については、「明るい、あっけらかーんとした性格ですので、いろんな場で親父のサポートをしてくれると思ってます。宝塚におりましたので、人前でパフォーマンスするのは嫌いじゃないわけで」と。

   たしかに幸夫人は、鳩山が大学助教授から政界に転身したときから、ずっと政治家の妻を積極的に演じている。とくに今回の選挙では全国を飛び回る夫にかわって、選挙区は夫人が取り仕切っていた。

   指名を見守ったあと記者にも、「辛抱強くお支えいただけたらと切にお願い申し上げます」と。これは首相が会見で、「失敗することがあるかもしれないが、ご寛容に」といったこととも符合する。

   その首相がつけていたネクタイは、グレーと金のストライプ。夫人が選んだものだそうで、5月の民主党代表選でも、先の衆院選でも身につけていた。いわば勝負ネクタイ。夫人は「金メダルでございます」という。

   その正体を突き止めるのが、「スッキリ」。葉山エレーヌが出したフリップには、「エルメネジルド・ゼニア」というイタリア・ブランドの「2009年春夏モデル1万9950円」とあった。が、いまはもう売り切れだとか。

   テリー伊藤が珍しく、「小沢さんにはけむたい藤井さんを財務大臣にもってきたり、バランスのとれた内閣だと思う」なんていう。

   本村健太郎は、「法務大臣に千葉景子さん。法務大臣はいろいろあるのでどうなるか、興味深い」

   加藤浩次は、「パッと見たとき、意外と年齢が高いなと思った」

   テリーは、「これでも自民党内閣より4歳くらい若いんでしょう。それより、国民が我慢しませんから、半年くらいすると『早くやれ』なんてね」(笑い)

   と、ようやく「スッキリ」らしくなった。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中