品川祐に「庄司と仲悪いって本当?」 「ミキティと結婚」との関係

印刷

   <テレビウォッチ> 「トークッス」は品川祐(品川・庄司)。お笑いの枠をはみだして、自伝的小説「ドロップ」からマンガ、映画に、とマルチな活躍が話題だ。第2弾の小説「漫才ギャング」も発表した。

金があって

   のっそり現れたのはいつもの通りだが、加藤浩次が「すごいねぇ」。テリー伊藤も「びっくりしました」と、あらためて確認。

   「ドロップ」は30万部を突破、マンガは累計400万部、これを自ら監督した映画は155万6000人を動員するヒット。興行成績でいうと20億円だと。

   加藤「ニジュウオク円?」

   テリーは「これからDVDも出る」

   加藤「テリーさん、30万部も売れたら大変でしょ?」

   テリー「ボクは、売れて1万部ですね」

   というわけで、品川がいかにすごいかがわかった。

   で、いまはまっているものといったら、「ブルース・リー先生の載拳道(ジークンドー)」という。個人レッスンを受けているとかで、「いずれカンフー映画撮りたいなと思って、それなら自分でやっておこうと」。

   加藤が「すごいな、体鍛えて、本書いて」。テリーが「金があって」。「そう、金もあって、どこへ行くんだ?」。プレゼントは、そのブルース・リーの「燃えよドラゴン」のDVD。

   質問の初めは「『ドロップ』でまわりの扱いは変わったか」

   「これが全然変わらない。とくに吉本は」

   「奥さんはどんな人?」

   「アホです。家ではほぼ全裸です」「Tシャツだけで下をはいてなかったので、はいたらといって、はいてきたんだけど、Tシャツを脱いでた」(笑い)。

   まだ沢山話があったが省略。

   「相方の庄司さんとは仲が悪いというのは本当か?」(笑い)

   「調子いいときと悪いときとある。あいつ舞台やってるから観に行った」

   加藤「ホントに悪いのは口きかないが、品川庄司は喧嘩してるからね」

   「加藤さんに止められたりしたことある。で、言いたいこと言うようにしようといったら、『オレ、美貴ティーと結婚しようと思う』と、そのタイミングでいわれた」(笑い)

   加藤「2人の仲を隠すのは大変だった?」

   「イヌを連れてくる収録があって、美貴ティーの次がボクらだったんだけど、庄司がすれ違うとき知らん顔してるのに、イヌの方がハアハアいっちゃって……」(爆笑)

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中