リーマンショック当時 「日本あまり影響受けない」の声

印刷

   <1年前のワイドショー通信簿(上)>2008年9月15日、米証券大手リーマン・ブラザーズが経営破たんした。その後リーマンショックとして、世界的に影響を及ぼすことになった。

   「米リーマン破綻 『実業家』みのが分析」(朝ズバ、08年9月16日)や「米リーマン破綻『映像』 あの箱の中身は?」(とくダネ、9月16日)、「AIG救済の理由 リーマンとの違い」(朝ズバ、9月18日)などが取り上げた。

   16日の朝ズバ通信簿では、みのもんたがリーマンへの公的支援を米政府が見送ったことを「大英断だ」と評価したことを紹介した。みのは、リーマン破たんは大きなニュースだ、とした上で「個人的にみて、日本はあまり影響を受けないんじゃないですか」とも話した。

   先のことを見通すのは難しいようだ。来年のこの時期、日本経済、世界経済はどうなっているだろうか。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中