保田圭、扁桃腺を摘出し入院していた

印刷

   <テレビウォッチ>元「モーニング娘。」の保田圭は、扁桃(へんとう)腺を摘出し1週間入院していたと2009年9月20日のブログで明かした。

   デビュー当時から慢性扁桃炎で、年に何回も40℃近い熱が出て困っていた。次の舞台まで時間があるので、手術で摘出してもらったそうだ。扁桃腺はかなり肥大しており、まだ喉(のど)に大きな穴が2つあいている。「不思議な感じ」で、痛みもかなりある。

「大好きなポテチやお肉ビールはもちろんしばらく禁止なのです
あぁ〜ポテチが恋しいよぉ」

   当分はおかゆ生活が続きそうだ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中