2018年 7月 20日 (金)

保田圭、扁桃腺を摘出し入院していた

印刷

   <テレビウォッチ>元「モーニング娘。」の保田圭は、扁桃(へんとう)腺を摘出し1週間入院していたと2009年9月20日のブログで明かした。

   デビュー当時から慢性扁桃炎で、年に何回も40℃近い熱が出て困っていた。次の舞台まで時間があるので、手術で摘出してもらったそうだ。扁桃腺はかなり肥大しており、まだ喉(のど)に大きな穴が2つあいている。「不思議な感じ」で、痛みもかなりある。

「大好きなポテチやお肉ビールはもちろんしばらく禁止なのです
あぁ〜ポテチが恋しいよぉ」

   当分はおかゆ生活が続きそうだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中