「天が二物与えた」福山雅治 中野美奈子「何か弱点が…」

印刷

   <テレビウォッチ>オープニングトークで、昨夜(9月23日)福山雅治の20周年記念ライブに行ったと切り出した小倉智昭が「あの人は教祖ですね」と話す。会場はほとんどが女性ファンらしいが、彼女たちがテープや紙吹雪の中、踊ったり、跳んだり、はねたりするらしいのだ。音にこだわる小倉は、福山のギターの音がよくなったと言い、彼が率いるバンドも高く評価する。「音づくりに徹底していて完成度が実に高い」。

ない、ない

   役者、シンガーソングライターの両方でトップの位置をキープできているのは、日本では福山だけではないか小倉が指摘すると、笠井信輔が「天は二物を与えずという言葉がどこかに行ってしまいそう。これでブサイクならバランスがとれるんですけど」と応じる。中野美奈子が「何か弱点があるんじゃないですか」と口を挟んでも、「ない、ない。婚期が遅れていること? 結婚も彼にとっては……」と小倉は軽視。

   硬派イメージの岩上安身までが「アタマがいい。ラジオのパーソナリティが面白い。男性から見ても好きになる」と、ぞっこんのコメント。

   眞鍋かをりは、中学のとき学生証に福山の写真を入れていたとし、「それから15年以上、不動の位置を保っていることがすごい」と述べた。

   来年(2010年)はNHKの大河ドラマで坂本龍馬を演じるというし、福山時代はしばらく続きそうだと、番組は予測しているようであった。

文   アレマ | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中