鳩山「友愛精神」は通じるか 外国人記者の反応

印刷

   <テレビウォッチ>外交デビューを終えて帰国した鳩山首相。この間、朝ズバッ!のコメンテイター陣では「日米関係はマイナスからのスタートなんて言われたが、(訪米での)出だしはよかった。問題はこれから」との評価が大勢だったが、海外のメディアは鳩山外交をどう見ているのか。

   番組(TBS)が駐日の記者数人に取材してみると、おおむね好意的な評が聞かれたが、首相の哲学「Spirit of Yuai(fraternity)」をめぐっては、意見が分かれたという。

   米系のダウ・ジョーンズ経済通信の副支局長は「友愛という概念は理解されにくい。悪い言葉ではないが、意味がはっきりしない」と眉をひそめる。

   その一方、フランスAFP通信社東京支局の特派員は「フランスでは『友愛』を理解するのは容易」だという。フランスは自由・平等・友愛の精神の国であり、「友愛」はフランス人にとって重要な意味があるそうだ。

   「友愛」精神も、真価が問われるのは「まだこれから」といったところだろうか。

文   ボンド柳生
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中