谷垣勝利の自民総裁選 「悪しき体質」はどうなるか

印刷

   <テレビウォッチ>9月28日行われた自民党総裁選挙で、谷垣禎一(64)が第24代の総裁に選出された。先の総選挙での惨敗、野党転落を受けて、再生への第一歩。谷垣は「もう1回政権に復帰できるように、みんなでやろうぜ」と呼びかけた。だが、再生の道は厳しいものになる。

   立候補者は他に、河野太郎と西村康稔、ともにぐっと若い46歳。選挙の争点は、小泉改革の総括、党の理念の再構築、世代交代などだった。若手の2人は、党の再建を中堅・若手を前面にと主張した。とくに河野は、「党の悪しき体質をひきずる長老は、ベンチに入るな」とまでいった。

「誰が立候補してるの?」の声も

   結局党員は、結束を訴えた谷垣の経験と安定感を選んだ。国会議員199票、地方300票のうち、それぞれ120票、180票を獲得した。しかし、河野は地方票で109票を得て、世代交代への期待が根強いことをうかがわせた。

   しかし、投票率は47%とかつてない低さだった。党員数も最盛期500万人といわれたのが、いま108万人。その半数以上が投票しなかったのだ。ただ、 NHKが行った世論調査では、63%が自民党の立て直しに「期待する」と答えている。無党派層に限ると65%とさらに高い。これは何を意味するのか。

   党の下部の現状を追った茨城のルポが面白かった。党員投票締め切りの3日前、県議団が党員に電話で投票を呼びかけている。「関心がなくてダメなんだよね」とぼやく。この時点で投票率は1割だった。「こんなことなかった。誰が立候補してるの? なんていうんだから」

   茨城の党員数は5万7000人。東京に次いで多い保守王国だ。それが選挙では、7つの小選挙区のうち1つしかとれなかった。県連会長を辞任した山口武平は、「小泉改革以降、要求が通りにくくなった。そのしっぺ返しだ」という。中央との太いパイプをテコに、長年茨城に公共事業を引いてきた実力者だ。

   建設業界の幹部は、「自分の仕事のために、代議士をという時代は終わった。田舎はイコール自民党だったが、これでもし民主党がよくやれば、(次も)自民党の芽はないね」という。また、党員勧誘に歩く古参党員は、「党員のメリットは?」と聞かれて立ち往生していた。

論議は深まったか

   今日のキャスターは森本健成。「総裁選で、小泉改革をめぐる議論は深まったのか?」ときいた。NHK政治部の赤岩勇二記者は、「そうもいえない。党のあるべき姿、理念が中心で、また世代交代に集中したきらいがあった」

   「党人事はどうなるのか?」「全員野球といっても、世代交代と脱派閥が柱になる。中堅・若手が納得しないと、新たな火種になりかねない」

   谷垣総裁は、「草の根の日本人の思いをくみ上げる機能では自民党の方が上。保守の原点に還る」といった。そう、草の根、人と人のつながりこそは、自民党の原点だった。しかし、それが失われてしまった果てが、今回の結果である。

   さらにもうひとつ、健全な野党になれるかどうかも、大きな課題だ。もう役人は味方ではないうえに、慣れ親しんだ行政システム自体がガラガラと変わるのである。頭の切り替えができないと、野党の存在感すら危うくなろう。

ヤンヤン

*NHKクローズアップ現代(2009年9月28日放送)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中