藤本美貴「なんか寂しかった」 起床して気づいたこと

印刷

   タレントの藤本美貴がブログで、出演していた舞台「仙台四朗物語」(東京・明治座)を終えたことを報告している。

   当初「40回公演」「休演日なし」と聞き、「辛いだろうな。。。」と構えてしまうこともあったそう。だが本番を重ね、「出演者の皆さんに支えられた」おかげで、舞台に「凄く癒されて」いたそうだ。そんな藤本が「なんか寂しかった」のは、舞台を終えた翌2009年9月28日、起床してから明治座に「行かなくてよい」ことに気づいたこと。同日の記事で改めて「共演者のみなさんに出会えて良かったです」と感謝していた。<テレビウォッチ>

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中