「卒業」夏目三久襲った 「おもいッきり」残念なコト

印刷

   <テレビウォッチ>日本テレビの夏目三久アナ(25)が、情報番組「おもいッきりDON!」を「卒業」した。前身の「おもいッきりイイ!!テレビ」から通算で約2年間担当し、2009年10月2日の放送が最後の出演となった。

   番組最後半で、司会の中山秀征から小さ目の花束を受け取った夏目アナ。あいさつは、(入社後半年で番組を担当し)右も左も分からないときから、視聴者などに支えられて今までやってくることができた――本当にありがとうございました――と至ってシンプルなものだった。微笑みながら滑らかに話した。

   2日の放送で「卒業」となるほかの出演者もそろう中、中山が「最後に。おもいッきり…」と全員で「DON!」と締めようとしたその時、コンマ何秒かのズレで次の番組の出演者、宮根誠司がしゃべり出す映像に切り替わってしまった。通常なら、出演者らが両手の人差し指を突き出しながら「DON!」と声を合わせることになっている。残念ながら夏目アナの最後の「DON!」ポーズは見ることができなかった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中