2018年 7月 23日 (月)

「石川遼優勝」無視したNHK その非「公共」的な発想

印刷

   <テレビウォッチ>10月4日、日曜のゴルフ放送。NHKは日本女子オープン、フジはコカ・コーラ東海クラシック。

   女子の方は、宮里藍や宮里美香、諸見里しのぶらビッグネームが絡んで面白い展開だった。最後は、横峯さくらと宋ボベとのプレーオフになり、横峯が負けた。男子は、石川遼が今季4勝目を挙げ、賞金1億円を突破した。

   石川は、ダボありイーグルありの出入りの激しいゴルフだった。とにかく攻めの姿勢を貫き、見ている方は震えがくるくらいのショットも連発した。解説の岡本綾子も「宇宙人だ」と驚いていた。石川は、「急がば回らず」という方針で、無謀とも思える攻めのゴルフをする。こんな日本人はあまりいなかった。もうあいつにはかなわない、と思ってるプロも出ているようで、こうなってくるとタイガー・ウッズ級だ。次の試合も楽しみだ。

   こういうスターが現れると活気が出る。一頃は女子に押され気味の男子ゴルフだが、石川遼人気で逆転したのではないか。この日の視聴率は、男子14.6%、女子10.2%だった。ラグビーやサッカーは最近、盛り上がりに欠けている気がするが、スターが国内にいない、というのが影響している気がする。今は、ゴルフを親から教わっている子供も多いのではないだろうか。

   それで、話題はこの日19時からのNHKニュースに移る。スポーツコーナーでは、NHKが放送した日本女子オープンは、当然しっかり紹介していた。ところが、石川遼優勝にはひと言も触れなかった。コカ・コーラの冠がついているからか何かしらないが、もう40回を迎えた伝統がある試合を無視するのはどうだろうか。石川遼はこの勝利で2年連続の賞金1億円超えを決めた。この日のスポーツニュースとしては、石川優勝が1番のニュースだったのではないか。自分とこが放送したからじっくり紹介、他局放送だから……という姿勢は、天下の公共放送として如何なものか。バイアスがかかっており、ジャーナリスティックな視点からも問題だろう。人様から受信料という金を取ってるのに何だ!と怒ってしまった。これはセンスを問われる。

      政治でも ゴルフでもすごい 宇宙人

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中