木村剛 JALの再建「絆創膏程度ではどうにもならぬ」

印刷

   金融コンサルタントの木村剛がブログで、経営再建中の日本航空(JAL)について厳しい見方を示している。

   他のブロガーの「高コスト体質を抜け出せず慢性的な赤字に陥り破たんしたパンアメリカン航空に、現在のJALの状況が似ている」という記事をひき、高賃金や組合の抵抗など「半世紀近い膿みとシガラミが澱のように溜まっている」と2009年10月15日の記事で木村。そして、こうした状況では、「絆創膏程度の処置では、どうにもならないのではないでしょうか」と悲観的だ。

   だから、「JALを本当に再建させるには、相当の大ナタが必要な気がします」。再生計画を検討する「JAL再生タスクフォース」を設置している前原誠司国土交通相に「頑張ってください」とエールを送っていた。<テレビウォッチ

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中