どうなる浅田真央 キム・ヨナとの対決の行方

印刷

<テレビウォッチ> フィギュアスケートのグランプリシリーズが明日(10月17日)開幕する。今回は2010年2月のバンクーバー冬季五輪の選考会も兼ねており、東京で開かれるグランプリファイナルで日本人最上位(で3位以内)の選手は五輪にストレートイン、と見所にもプラスアルファありで見逃せないようである。

   放送は「ご覧のチャンネル」(テレビ朝日系列)が独占。ということで、宣伝のために浅田真央がスタジオへ――は来ず、番組はありものの流用らしきVTRを長々と流していた。

緊張してきた

   それによれば、なんといっても浅田真央であり、ライバルのキム・ヨナとの対決であり、採点基準の変化などの「試練」などを乗り越え、さらに大きく成長した浅田選手が大注目である。

   視聴者的には、宣伝臭のキツさに鼻をつまみたくならないでもなかったが、赤江珠緒キャスターは「(浅田は)応援したくなる。近づいてきたなあって、(VTRを)見てるだけで緊張してきました」とホントに熱のはいった口調であった。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中