Mジャクソン映画 その「アォ!」な内容

印刷

テレビウォッチ>マイケル・ジャクソンの死の直前のリハーサルを映画にした「THIS IS IT」がきのう(10月28日)全世界で一斉に公開された。

   わざわざロスまで飛んだ岸本哲也が、マイケルの兄、ジャーメインにインタビュー。「弟がいかに真剣にショーの準備をしていたかが見られる」。ほかに、中国、ドイツ、台湾などの映像も流れた。

たいしたもん

   日本では300館以上で公開されたが、マイケルと「We are the world」を作ったライオネル・リッチー(60)が登場したりして、大いに盛り上がった。どうやら「とくダネ」のスタッフは全員見ていたようで、スタジオものりのり。

   小倉智昭は、「第1報がはいったとき、ボクは、マイケルがロンドンの公演を前に相当体が弱っていて、それを苦にして自ら命を絶ったんではないかと、想像でものをいったんですが、それを悔いましたね。あれだけきちっとしたリハーサルをして、切れのあるダンスと歌のマイケルが、数日後に死ぬなんて考えられない」

中野美奈子も「ダンサーの人たちとのやり取りも一生懸命だった」
小倉「だから、殺されたんだよと、泣けてしょうがなかった」
笠井信輔「ピーコさんと一緒に見たんですけど、号泣でしたよ。『かわいそう』って。精神的にも充実していたし、これがリハーサルなんだから、本番はどうだったんだろうと……」
小倉「この映画の造りは、マイケル・ジャクソンの死を前面に出してない。それがなかったので、ちょっと驚きました」
笠井は「これで2週間で終わるんでしょうか」

さらにエンディングで小倉が、「ダンサーのオーディションが面白かった」

   笠井も「コーラスラインみたいで、残ったダンサーの感激の声が、マイケルがカリスマでいかに愛されているかを認識しました」

   小倉「世界中から集まってくるダンサーが達者でうまいんだけど、一緒に踊り出すとやっぱりマイケルが目立つんだよね。いやたいしたもんです」

   それにしても、きのうロスで岸本レポーターとナマで出て来た中居正広は、その後どうしたんだろう?

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中