鳥越「普天間、全部グアムへ」 米に迫る覚悟はあるか

印刷

<テレビウォッチ>米軍の普天間飛行場の移転をめぐっては、鳩山政権の対応がはっきりせず、閣内不一致との指摘もでてきた――が、コメンテイターの鳥越俊太郎は「閣内不一致ではなく、あえていろんな可能性をそれぞれに発言させて、様子を見てる」と解釈している。

   鳥越は「(県内移転のほかに)もうひとつ可能性がある」と提案。米海兵隊の本部機能がグアムに移転するのに合わせて、普天間の飛行部隊も一緒に移転したらどうですか、というものだ。曰く、アメリカの極東戦略を考えてみても、グアムと沖縄はそんなに離れてないので、沖縄からグアムに移っても作戦が難しくなることはない。

   これは鳥越の考えでは、相当現実味のある案で、実現する条件は「鳩山政権がアメリカとどれだけ激しい外交的な交渉をやれるか」「鳩山さんにそれだけの覚悟があるか」。グアム移転にむけて、強い口調で首相の決断を迫る鳥越であった。

文   ボンド柳生
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中