責任追及しない政治家 官僚にこんなにナメられてた

印刷

<テレビウォッチ>みのもんたによると、竹内香苗アナが「しれっと、こんなことが行われている」と慨嘆したという。そのアキレタ仕業を報じる「東京新聞」の記事を竹内が読みあげる――官民人材交流センターをつくる際、年間1400万円~1600万円以上の事業を国から随意契約で請け負った法人には官僚を天下りさせないよう制度設計されたのに、センター発足時には随意契約の限度額が1億円以上に引き上げられていた――

   みのからコメントを求められた川戸惠子(日本選挙学会理事)は「だれが見ても、しれっと、と思う」。

しれっと

   杉尾秀哉(TBS解説室長)は「懇談会の座長が知らないうちに決めていたというんでしょう。あり得ないですよ」と苦笑。

   片山善博(行政刷新会議メンバー、前鳥取県知事)は「政治がなめられている」として「役人の方はずる賢いことをいくらでもやる。それをきちっと見てダメだよ、と政治が拘らなくちゃいけない。前の政権のとき、こういうふうになめられていた」と語る。

   みのの結びは「こういうことこそ、どんどん明るみに出していった方がいい」。

   『骨抜き』もこう明け透けになされることは珍しいのではないか。「誰の仕業か」と追及しても「不明です」とユーレイ回答で応ずるのだろう、きっと。

文   アレマ | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中