金本知憲 「育ての親」三村氏を悼む

印刷

   プロ野球「阪神タイガース」金本知憲選手がブログで、急逝した元広島カープ、三村敏之氏を偲んでいる。

   2009年11月5日に更新した「三村さんへの想い。」と題した記事によると、突然の訃報には「本当に突然でショックです」。三村氏は1983年の引退後、カープのコーチ、監督に就任した。その時、育てた選手が今や球界を代表する緒方孝市選手であり、前田智徳選手であり、金本知憲選手だった。

「まさに一軍のプロ野球選手としての金本知憲の産みの親であり、育ての親でした」

   金本選手によると、年末には「恒例のふぐ会」を約束したばかりだったという。これまでのことは一言、二言では語り尽くせない思い出、エピソードがあり、ブログにもまた書きたいとしている。<テレビウォッチ>

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中