森繁久弥の「お茶目な下ネタ」 「10M以内に近付くな」令も

印刷

<テレビウォッチ>市橋達也容疑者逮捕の号外の裏側にもうひとつ号外、「森繁久弥さん死去」。

   いや、こっちが一面だった。老衰で亡くなった人の号外というのも珍しい。大正2年(1913年)生まれというから、私事で恐縮だが、亡きわが母親と同い年。よくまあ、とあらためて感嘆する。96歳の大往生だった。

伝えたいこと

   88歳のとき、小倉智昭がやったインタビューが残っていた。小倉54歳。「森繁久彌愛誦詩集」というCDに、自分の詩が入っている。「役者 役者は可愛そう 人の気うかがい眼をよんで 金とりすぎて気がひけて……」

   「やめてくれっていったんだけどね……まあ照れくさくて」とタバコを吸ってる。「みなさんいい詩をつくりましたね、残しておかなきゃいけない」

   小倉が「役者とは森繁さんにとってどんな仕事ですか?」とつまらぬ質問を出す。が、答えがよかった。

「どうして役者になったかわからないねぇ」
小倉「芝居で100%満足したということは?」
「ない。人間はウソに始まりウソに終わるような生活をしてる。そういう中で芝居をやろう、真実を訴えるのは大変困難だ。ボクは芝居をやりながらいつも『これはよそごとじゃないよ、オレのことだ』、そう思ってやってる」

   出演映画300本以上、舞台では「屋根の上のバイオリン弾き」19年間、作詞作曲の「知床旅情」、1991年には大衆芸能で初の文化勲章授章……活動は幅広く、多彩だった。

   小倉「最近は若い女性の手を握る機会は?」

   「もう青春の機能が全部ダメ。ないというとあんまり寂しいからあるような顔をしてるけど」

   小倉はあらためて、「社長シリーズの話をしたら、あんなもの芝居じゃないよとかね。それから下ネタがお茶目できれいでね。すごいなあと」という。これもまた、森繁の売りだった。

   映画「夫婦善哉」で共演した司葉子は、「遊び人でいらしたけど、それが森繁さんのキャラクター。私は新人で清純女優だったので、会社から森繁さんには10メートル以上近づくなといわれてました」

   レポートした武藤まき子も、「私も触ってもらった。ハグするんですけど、手が微妙な力加減で動く。その具合で、今日は元気だなとか」

   まったく危ない話。こちとらが下手に真似しようものなら、たちまち御用になっちまうよ。しかし、男は何歳になっても助平でないといけない。

   高木美保は、「京都の撮影所で後ろから『お嬢さん』と声をかけられて、和服だったんですけど、『似合っててかわいいね』と。手を握ってとんとん。嬉しくて、演技も調子よくて」

   小倉は、「市橋容疑者ごときに時間を割かれて……もっと伝えたいことがいっぱいあるのに」と悔しそうだった。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中