2018年 7月 21日 (土)

篠山紀信「公然わいせつ」容疑 赤江珠緒キャスターの感想

印刷

<テレビウォッチ>写真家の篠山紀信が撮影し、出版されたヌード写真集が「公然わいせつ」の疑いがあるとして、篠山事務所など関係先が捜索を受けた。撮影が公道や線路上などで行われていたのだという。

   そんななか、写真家の加納典明が「盟友」の援護に乗り出した。番組の取材に「こんな程度で罪になるんだったら、写真は撮れない」「公が乗りだしてきて、刀を振りかざすことかよ。そんな国でアートなんて生まれない」などと熱弁。

今までも…

   スタジオでは大沢孝征弁護士が「写真集自体は『わいせつ物』ではないとしているのに、撮った行為は『わいせつ』だというのは、非常にわかりにくい」と、立件できるのかを大いに疑問視。

   赤江珠緒キャスターも「今までの写真集でも外で撮られてるもの、ありますよね」と首を傾げた。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中