2018年 5月 28日 (月)

渡辺美樹、「居酒屋」偏見に反論 「えらそう」と揶揄されるが…

印刷

   居酒屋中心の外食チェーンを展開するワタミの渡辺美樹会長が、2009年11月11日のブログで、居酒屋事業について述べている。

   「教育再生会議に出る、また教育委員会に出るとなると、居酒屋のオヤジがなにをえらそうなことを、と揶揄されることがあった」とし、また、「結婚するなら居酒屋勤めより銀行員といった風潮もあるだろう」と世間の居酒屋事業に対する偏見について説明。

   「でも本当にそうだろうか」と渡辺は疑問を投げかける。「学校、病院、そして農業など、国や制度に守られた事業であればあるほど、経営はどうしても甘くなる」とし、居酒屋経営については、

「実際に経営するとなると、居酒屋ほど難しいものはない」
「まさにノーガードの殴り合い」
「マーケティングの集大成であり、そこに経営の要諦がある」

と主張。最後は、居酒屋で働く人に向けて「素晴らしい事業で働いているんだとぜひ誇りを持って頑張ってほしい」とエールを送っていた。<テレビウォッチ

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中