市橋容疑者が頼んだ 差し入れ品とは

印刷

テレビウォッチ>英国人女性(22)の死体を遺棄したとして逮捕された容疑者(30)は依然として黙秘、絶食を続けているようだ。番組が話を聞いた元警視庁捜査1課理事官は、容疑者の狙いについて次のように推測する。

   「黙秘の理由は3つ考えられる。1つは自供することによって自分はどうなってしまうのかという不安。2つ目は、両親、家族に迷惑がかかるので喋れない。3つ目は、逮捕によるショック」。そして絶食するのは「権力に対する抵抗ということでハンガーストライキはよくやる。また、病気になって入院すれば罪を免れるんじゃないか、と考える」。

当たり前

   容疑者に毎日、30分~1時間、接見している弁護士によると、容疑者は、「健康は大丈夫」と言っているらしい。また、スエットの上下、下着、靴下の差し入れを頼んだという。さらに弁護士はこう強調した。「容疑者には、親に頼るという考えはありません。親に連絡はしてほしくない、と述べています」。

   千葉大学園芸学部時代の容疑者の恩師は「早く自分の心を取り戻して全部、話してほしい。罪を償ってほしい」と語り、杉尾秀哉(TBS解説委員室長)も「人1人が死んだ状態で見つかっているわけだから、自分の部屋であったことを話すのは当たり前」とコメントする。が、整形手術を受けて961日間も逃走した執念、逮捕後の頑なな態度を見ると、冷えた心を溶かすことは容易ではなさそうだ。

文   アレマ | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中