森繁久弥の追悼番組 褒めるだけより…

印刷

<テレビウォッチ>「森繁久弥死去」でいくつか追悼番組をやっていた。NHKは、極めてオーソドックスな番組を流した。中村メイコや北大路欣也、西田敏行らが思い出話をして振り返るつくりだった。森光子や関口宏など錚々たる人たちがコメントしていた。映画や舞台での活躍、という角度でしっかり作っていた。90分と長めだった。

   過去の出演映画を放送したところもあった。テレビ朝日の「徹子の部屋」では、過去の出演をダイジェストで見せた。1976年2月2日の初回放送のゲストが森繁さんだった。その後も80、84、86、89、93、97、2001年と出演している。最後に出た回は、当時87歳で萩原朔太郎の詩を朗読していた。こうして通してみると、歳を重ねていく様子がよく分かる。本人のジョークも楽しく、脇の人たちがすごい、偉大だと褒めそやすだけの構成よりよく人柄が伝わってきた。義理固い人なのだ。

   それにしても多方面で活躍したケタはずれのすごい芸人だった。惜しまれるが96歳と大往生だ。

      生き様が 死に様決める 大往生

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中