「あらゆる増税禁止します」 民主の「甘さツケ払い」ご免

印刷

<テレビウォッチ>年の瀬もだんだんと深まりつつあるが、なにが深まっても、景気のいい話は聞こえてこない。政府のほうでは税収も足りないし、税調は増税案に知恵を絞る。そうしたなか、太田光総理(爆笑問題)は「あらゆる増税を禁止します」とのマニフェストを打ち出した。

   環境税にタバコ税に酒税(第3のビール等を標的に)、扶養控除などの廃止etcetc。マニフェスト実現はいいが、それと引き替えの増税、「民主政権の見通しの甘さを国民がフォローさせられる」のはゴメンだ――というのがソーリの主張のようである。

「悪いのにいい顔してる奴」

辞めるべき

   「車に乗って仕事行って、風呂入って酒飲んでタバコ吸う。これは普通のお父さんの生活リズム。なんで当たり前の生活の所に(税金が)入ってくるんですかね」と中川剛(中川家)。この素朴すぎる疑問には、ゲストの政治家軍団をはじめ、答える者はなかった。

   そして、議論はたいして深まらないなか、ソーリは数か月前の自民政権時代を思い出しては、ずいぶんと懐古的になっていた。当時は「古い体質の自民党がまたなんか悪いことやってんだろ」と思っていればよかった。「麻生(前首相)の人相も悪いしさ。わかりやすかった」。「自民党はわかりやすい悪だった」とソーリはつぶやく。さぞ悪意のぶつけがいもあったのだろう。対して、民主党を正義にしておけば、この番組も議論になったという。

   しかし、民主党は何なのか。「本当は悪いのにいい顔してる奴」ではないかとソーリは分析。増税にしろ、鳩山首相の献金問題にしろ、「納得できるように落とし込んでない。なんでたった3か月でこんなに不安になるの」。こういう奴は始末におえない。このまま行けば、「あのわかりやすい悪のほうがよかった」といったことになりかねないとソーリは考えている。

   とくにハトヤマ首相には納得がいかない。議論の流れとはほとんど無関係に、「ハトヤマ(首相)は絶対に辞めるべき」と突然激高。「アイツはいますぐ辞めるべきなんじゃないの!?  それが民主党のやり方なんじゃないの」とソーリは民主議員につめよった。しかし、誰も答える者はなかった。

ボンド柳生

太田光の私が総理大臣になったら…秘書田中(日本テレビ系)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中