2次補正ですったもんだ 「本予算どうなることやら…」

印刷

<テレビウォッチ> 鳩山首相が「今日中(12月7日)には決まる」といっていた第2次補正予算が決まらなかった。民主党が出した7兆2000億円(当初7兆1000億円)に、8兆円を求める国民新党が「ウン」といわなかったからだ。

   7日22時すぎ、調整にあたっていた国民新党の下地幹郎政調会長は、「政府は1000億円をプラスしたが、返事をしなかった。明日(きょう8日)亀井大臣がどんな答えを出すか」といった。

止まらない

   三反園訓は、「亀井さんとは喧嘩状態にあるのは間違いない。しかし、今回はやむを得ないところがある。いい予算をつくっても、参院を通らないと何にもならない。亀井さんは知っているなと思うが、鳩山さんも説明不足」という。

   もとは2.7兆円、麻生政権の第1次補正予算を削った金額だったが、国民新党はこのとき、11億円を要求していた。それが、7.1兆円、さらに7.2兆円までいったが、この上積み分1000億円も財源をどうするか。藤井財務相も「建設国債ということもあるかも」と。

   鳥越俊太郎は、「デフレが止まらないので、大幅な財政出動が必要になったという判断だろう」

   赤江珠緒が「事業仕分けであれだけ細部を切ったが、それではダメということ?」

   三反園は、「補正でこんなだと、本予算がどうなるんだろうと心配になる。菅さんが機能していないのが大きい。これを教訓に、鳩山さんがどう自分のカラーを出していくか」

   小木逸平は「数字のゲームみたいになっている」

   若一光司が、「政策協議の段階で、日常的な協調性に欠けている。また、鳩山さんの指導性も欠けている」と。

   結局、7兆2000億円で合意し、閣議決定した。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中