2018年 7月 21日 (土)

鳩山首相フラフラに米イライラ 「基地移設」危険水域説も

印刷

テレビウォッチ>普天間基地の移設問題をめぐって、米国側は話が違うじゃないかと「激怒」しているとかいないとか。「日米同盟の危機です、と訴える新聞がとても多い」と笠井信輔アナ。そこで番組では現状、アメリカ様はどれほどお怒りなのか、「専門家」に聞いてみたそうな。

   歳川隆雄・インサイドライン編集長は「(アメリカの怒りは)危険水域に来ている」とのコメント。「民主党の決定先延ばしが重要事項に影響を与えているから」とのこと。

かなりいる

   こうした考え方の専門家は「かなりいる」(笠井)そうだが、一方で「そうでもないですよ。まだ時間はある」との見方をする人もいる。「普天間問題で日米同盟が揺らぐことはありえない」と小山貴・国際教養大学客員教授。米政府内部には(日本)民主党に期待していて、ここは静観しようという向きもかなりあるんだとか。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中