ダルビッシュの野球物理学 変化球と人間の限界

印刷

   プロ野球「日本ハムファイターズ」ダルビッシュ有投手がブログで、変化球についての考えを熱く語っている。

   2009年12月24日には「新・変化球が生まれないワケ。」と題した記事を更新した。前回に続いて、ピッチングに関する話題だ。変化球には斜め、横、縦、特殊があるが、もうこれ以上には変化球は生まれない、というのがダルビッシュ投手の考えだ。「その理由はボールの重さ、力の向き、重力等は変わらないからです」

   ともあれ、コメント欄にはユニークな意見が寄せられた。それは「回転軸が変化しながらボールが進むと最初はカーブでも最後にシュートさせられるんじゃないか」というのだ。ところが、この理論、頭で考えるには容易かもしれないがボールの形状を考えると、実現は難しい。

「回転軸は変化していきますが、あまりに微々たるもの過ぎて最後に逆の変化をさせることは不可能なんです。新しい変化球を探して行く上での最後に行きつくのは、回転軸を変化させて最後に逆に変化させるという事なんですが、さっきも挙げたように人間である以上不可能なので、新しい変化球は生む事はできないんです」

   このようにして、球のキレを変化させる投球を身に付けたダルビッシュ投手。理屈を考え続けながら辿り着いた結論だったのだ。「野球は考えることによってより簡単になっていくし、楽しくなっていくと思っています。シンキング・イズ・グローイングですね」<テレビウォッチ>

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中