北川景子、両親に初告白 「あなたたちの娘で良かったです」

印刷

   女優の北川景子が上京してから初めて、「伝えたいのに伝えられないままだった」家族への想いを告白した。

   2010年1月に放送を予定しているTBS系ドラマ「筆談ホステス」の撮影を終えてみて、「この作品はどうしても自分の家族に見てもらいたい」と感じたという。

   「筆談ホステス」では、北川演じる主人公・斉藤里恵とその家族の絆を描いているシーンが多く、斉藤の両親や兄に対する感謝の気持ちを痛感した北川。いつしか自分の家族への想いと重なっていった。

   とても厳格で教育熱心な父の厳しさを「幼さ故、恨めしく感じた事」、心から愛し育ててくれた母に対して「産まれてこなければ良かったと口走り傷つけたこと」、天真爛漫で皆の人気者だった弟と自分を比べ「卑屈な気持ちになった事」。いくつもの後悔が北川の胸を締めつける。

「お父さん、お母さん、あなたたちの娘で私は良かったです。2人の間に産まれてくる事ができて感謝しています」
「私の可愛い弟、あなたがいてくれて私は幸せです」

   上京してから6年目を迎える北川。09年12月25日のブログにこんな想いを綴った。<テレビウォッチ>

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中