PUFFY大貫「思い」届くか 急死「マサヒコ」に捧ぐ

印刷

   女性ユニット「PUFFY(パフィー)」の大貫亜美が2009年12月29日のブログで、ライブで歌ったある曲への思いを口にしている。

   千葉・幕張メッセで28日から開催されている「COUNTDOWN JAPAN09/10」。パフィーはステージのトップバッターとして出場したが、実はインフルエンザで「リハーサルもままならないまま本番に突入」した。すでに完治したそうだが、少し不安をかかえたままステージに上がったという。それを乗り越えることができたのは「全員の集中力」。なんとしても成功させる、という気持ちが「一気に爆発した」ステージになり、満足そうな様子だ。

   そして、最後に演奏したのが、12月24日に急死したロックバンド「フジファブリック」の志村正彦さんが作詞・作曲した「DOKI DOKI」。突然の訃報に「いまだに受け止められない自分がいます」という大貫だが、この曲に際し「マサヒコに届けばいいな」。そんな思いを抱えた自分に気づき、「少しずつ(死を)受け入れられてるのかな」と複雑な心情をつづっている。<テレビウォッチ>

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中