2018年 7月 18日 (水)

「髪型セットに2時間半」 上地雄輔、紅白舞台裏を「連載」

印刷

   「遊助」として2年連続のNHK紅白歌合戦出場を果たしたタレントの上地雄輔(30)が、2010年1月2日から「紅白舞台裏」と題して、3回シリーズ(1月3日17時現在)で出場の様子を振り返っている。

12月29日のリハーサルでは、単なる「金髪姿」だった
12月29日のリハーサルでは、単なる「金髪姿」だった

   まず、編み込み模様で注目を集めた髪型は、2人がかりでセットに2時間半かかったといい、

「これ頭寒いな(=_=;)と思ってた本番前、他のアーティストさん達に驚きながらスリスリ触られ、頭の形を誉められましたが、朝方仕事終わりにソッコーほどきました。m(_ _;)m だって‥ 頭が髪の毛から吊られててものすげー痛いんだもの」

と、かならずしも快適な髪型ではなかった様子だ。

   また、ステージ上ではなく、観客席を背にして歌ったことについても

「全国ランダムに老若男女来るお客様。客席だけでやるのはリスクもありました」

と振り返っている。本番直前、スタッフに頼んで

「遊助(上地雄輔)です!!あなた様と僕とみんなでテレビの向こう側に元気を送りましょう みんなみんな最高の年を迎えられますよう願いながら感謝して『ひまわり』歌います。今日はよろしくお願い致します」

と書かれたメッセージを観客3000人に配布したことを明かし、

「この場を借りて当日いたみなさん。最高のひまわり畑をありがとうございました!」

と記している。<テレビウォッチ

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中